自己啓発 読書

人生後半戦をどう生きるか?『ガラスの50代』を実際に50代が読むと?【リアル読書感想】

自分の人生、残りはどのくらい?もう半分過ぎたのか?

仕事はいつまで続けよう?

引退後、家族との距離のとり方は?

終活を始めたほうがいいのかな?

 

実は私、50代。
いろいろ考えてしまう今日この頃。

 

そんなときこの本に出会いました。

ガラスの50代(酒井順子氏著)

 

筆者と同世代の私にとっては、共感する内容だらけで、
なんだか同窓会で旧友とおしゃべりした気分。

いっぱい笑ったし、勇気をたくさんもらいました。

 

しかし、
年代がちがう人にとっては、いまいちピンとこないのかな~。

 

それでも若い方には、自身が50代になったときのために読んでほしいと思いました。

 

人生後半戦もそう悪くはないかも!

日本で生きていると、女はとくに「若さ」に価値があるとされる場面がホント多いですね。

欧米に比べると違いを実感します。

 

でもガラスの50代(酒井順子氏著)を読み、思いました。

 

50代以上の人生後半戦も、前半戦と同じくらい、おもしろくなれるかも!?

 

そのヒントがいっぱい満ちていました。

 

人生後半戦の生き方、どうするのがいい?

ガラスの50代(酒井順子氏著)

これからの人生を考える私にはヒントがいっぱいでした。

3つのキン

50代からの女に必要なものは3つのキン

 

3つのキン?

 

それは

お金、筋肉、近所の友達

 

ポイント

「家族」は3つのキンではありません。
家族はあてにならないのです。

それよりも、自分でお金を貯め、いつまでも自分で電球を変えられるくらいの筋肉量を保ち、遠くの親戚より近くの友達との仲を大切にするほうが良いのです。

 

家族があてにならないって点はちょっと悲しいけれど、確かに説得力はあるわ~。

 

異性愛から人間愛へ

例えば同窓会で。

ポイント

昔の仲間たちを異性としてみてどうのこうのと言うよりは、互いの無事を喜びあう人間愛へと移行していく。

 

たしかに。

異性愛はもう面倒くさいってだいぶ前から思っていました。

 

誰かのために生きるのでなく、自分のために生きる

子育て期間は子どものために生きてきました。

その子どもも巣立っていき・・・

 

これからは「誰かのために」生きるのではなく「自分のために」生きていけるのです。

 

しかし愛情を注ぐ対象が必要な人も多い。ペットブームが過熱する一因なのかもしれませんね。

 

ムリや我慢をやめ、楽に生きる

より若く見られるように、とか

更年期は気力で乗り切る、とか。

 

そういうのから距離をおいて、身も心も自然に老いていこうと思えたら、いろんなことが楽になると思います。

 

自分の心と体に正直に。

 

50代は自分をいたわり、少し甘やかしてあげてもいい年代だと思います。

 

人生いろいろな問題が次々おそってはくるけれど

昔のように無理がきかない体
老眼やら関節痛やら高血圧と、上手につきあいながら日々暮らしています。

 

頼っていた親にいつからか頼られるようになり、立場逆転!
親孝行できるうちにしておかなきゃ。

 

 

常になにかしら問題は抱えていますが、人生経験の見せどころ。

若い頃のようにいちいちオロオロはしなくなりました。

 

衰えは日々感じるけれど、まだまだ人生捨てたもんじゃないぞ!

 

人生後半戦、できるだけ長く健康で過ごしたいな~と思いながら読み終えたのでした。

 

 

みなさんもいかがですか?

このタイトル、ぜったい光GENJI「ガラスの十代」からきてる!と思います。
50代の方ならわかってくれますよね??

Amazonで”聴く読書”をしてみませんか?
通勤・通学中やウォーキング中、家事をしながら、時間を有効活用できて便利!

今なら
・30日間無料
・12万冊以上が聴き放題
いつでも退会可能

Audibleを無料体験してみる

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆきねえ

こんにちは、ゆきねえです。50代です。これまで人生で頭を悩ませたこと、試行錯誤したことなどを綴りたいと思いブログを開設しました。 教育産業に携わって約25年なので、その方面の話題が多くなると思います。 よろしくお願いします。

-自己啓発, 読書
-,

© 2022 ゆきねえブログ Powered by AFFINGER5