スポーツ 自己啓発

「ハンカチ王子」斎藤佑樹投手が高校時代に語った名言3か条とは?スポーツだけでなく人生にも通じる?

2009年7月10日付の新聞の切り抜きがあります。

 

コレ(古いモノなので黄ばみアリ)

斎藤佑樹投手が高校時代に語った名言3か条

 

約15年前の斎藤佑樹投手の記事です。

 

斎藤佑樹投手とは?

高校時代、早稲田実業のエースとして夏の甲子園優勝
早稲田大学→プロ野球日本ハムファイターズ(2021年現役引退)

現在は実業家に転身されています。

 

高校生とは思えぬ名言だな~と感心し、切り抜いて保存していました。

 

今回はコレをご紹介したいと思います。

 

斎藤佑樹投手の高校時代の名言①

疲れは考え方で取る

 

高校野球の投手は連投がつきもの。

「疲れないの?」としょっちゅう聞かれたのでしょうね。

 

斎藤投手のコトバ

疲れって、どの時点で「疲れ」になるのでしょうか。

疲れていると思うから疲れている。

「疲れていない」と思うと、ちょっと球速が落ちるけど、そんなに関係ない。

(引用:朝日新聞 高校野球2009 2009.7.10付)

なるほど・・。

斎藤投手、2日がかりの決勝戦もこの思考でがんばっていたんだな。

 

いつもの私は「疲れた~」「あー、忙しい」と言ってばかりかも?
反省⤵

 

「忙しい」と口に出すと、よけい忙しく感じてしまう。
それってマイナスだよね。

 

斎藤投手から学んだことは?

タフな状況に陥ったら、ポジティブ思考で乗り切れ!

 

斎藤佑樹投手の高校時代の名言②

プラス思考

 

「プラス思考」って今はときどき聞く言葉ですが、斎藤投手はこんな昔から言っていたんですね。
改めてスゴイ!

 

斎藤投手のコトバ

試合ではとにかくプラス思考。

高校時代は2点を自分の持ち点にしていました。

2点は取られてもいい。
走者一、二塁でも打者走者をかえさなかったらいい、と割り切る。

そうすれば心の余裕ができて、配給や攻め方も変わってくる。

(引用:朝日新聞 高校野球2009 2009.7.10付)

心の余裕か~。

確かに心に余裕があるかないかは、あらゆる場面で重要。

 

それってスポーツだけじゃないかもね。

ふだんの生活でも、心の余裕は幸福度につながるんじゃないかな?

 

いつも余裕がある大人でありたい

 

 

斎藤投手から学んだことは?

開き直りや割り切りも場合によっては必要。
心の余裕ができるので、よいパフォーマンスにつながりやすい。

 

斎藤佑樹投手の高校時代の名言③

自信を持つ

 

あなたは
・人に見られているほうが力を出せるタイプ?
・だれにも見られていないほうが力を出せるタイプ?

 

斎藤投手はあきらかに前者だったみたい。

 

斎藤投手のコトバ

勝ち進むと、次第に注目されてきます。

そんなときは、カッコつけていい。

「自信を持つ」ことで、より集中できます。

(引用:朝日新聞 高校野球2009 2009.7.10付)

 

ん~~?
でもそれは斎藤投手がたくさん努力を重ね、それに裏付けられた実力があったからじゃない?

自信の根拠がない人が自信を持っても空回りするだけかも?

 

自分を信じられるだけの根拠がなくっちゃ。

 

ただこれだけは言えるかも。

ビビる場面では開き直って堂々と振る舞え!!

 

さいごに

「ハンカチ王子斎藤投手」と「マー君」が2日間にわたって投げ合った夏の高校野球決勝戦!

当時私は夏期講習中の繁忙期にありました(塾講師をしています)

 

この日だけは職員室のテレビが特別についていました(笑)

授業間のわずかな休憩中に観た記憶がなつかしい~~

 

伝説の決勝戦の書籍です。
私はいちばん上のを今でも持っています♪

Amazonで”聴く読書”をしてみませんか?
通勤・通学中やウォーキング中、家事をしながら、時間を有効活用できて便利!

今なら
・30日間無料
・12万冊以上が聴き放題
いつでも退会可能

Audibleを無料体験してみる

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆきねえ

こんにちは、ゆきねえです。50代です。これまで人生で頭を悩ませたこと、試行錯誤したことなどを綴りたいと思いブログを開設しました。 教育産業に携わって約25年なので、その方面の話題が多くなると思います。 よろしくお願いします。

-スポーツ, 自己啓発
-

© 2022 ゆきねえブログ Powered by AFFINGER5