読書

百田尚樹『野良犬の値段』が面白い!【読書感想】

『永遠の0』『海賊と呼ばれた男』などベストセラー作家の百田氏。

初ミステリー小説『野良犬の値段』を読みました。

 

484ページのボリュームのある本なのに、ナント一気読み!

 

どこがそんなに面白いかって?

その質問にお答えしたいと思います。

 

さっそくいきましょう!

 

Amazonで”聴く読書”をしてみませんか?
通勤・通学中やウォーキング中、家事をしながら、時間を有効活用できて便利!

今なら
・30日間無料
・12万冊以上が聴き放題
いつでも退会可能

Audibleを無料体験してみる

 

 

30日間無料!200万冊以上が読み放題

Kindle Unlimitedを試す

お好きな端末で読書 ※いつでも途中解約OK

『野良犬の値段』の帯を見て即買い

本の帯にはこう書かれていました。

私たちはある人物を誘拐しました。
この人物を使って実験をします。

前代未聞の「劇場型」誘拐事件が、
日本社会に"命の価値"を問いかける。

稀代のエンタメ作家・百田尚樹がとうとう「ミステリー」を書いた!

 

じ、実験??

人体実験ってこと? グロイのは好みじゃないんだけどな・・・

 

劇場型?

 

ん~~よくわからないけれど、気になって仕方なくなり即買い決定!(笑)

 

 

『野良犬の値段』のあらすじ

誘拐された、みすぼらしい6人の謎の男たち。
前代未聞の「劇場型」誘拐事件が、
日本社会に“命の価値”を問いかける。

<あらすじ>
突如としてネット上に現れた、謎の「誘拐サイト」。
<私たちが誘拐したのは以下の人物です>
という文言とともにサイトで公開されたのは、
6人のみすぼらしい男たちの名前と顔写真だった。
果たしてこれは事件なのかイタズラなのか。
そして写真の男たちは何者なのか。
半信半疑の警察、メディア、ネット住民たちを尻目に、
誘拐サイトは“驚くべき相手”に身代金を要求する――。
日本全体を巻き込む、かつてない「劇場型犯罪」が幕を開ける!

(出典:幻冬舎公式HP 書籍詳細 野良犬の値段)

 

 

誘拐事件が発生すると、報道協定が敷かれて世間に公にされず、まずは犯人と秘密裏に交渉が行われるイメージですが・・・・

 

「劇場型」の意味は「誘拐サイト」に犯人からのメッセージが投稿され、Twitterで毎日話題になる中で交渉が進んでいくからなんです。

 

※未読の方にネタバレしたくないので、このへんでストップしますね。

『野良犬の値段』が面白い3つの理由は?

面白い理由①:マスコミの裏事情が皮肉たっぷりに描かれている

百田節が炸裂!!

マスコミの裏事情が皮肉たっぷりに描かれています。

 

しかも小説内にでてくる社名が、実在する名前をちょこっと変えただけなので。

どこのことなののか一目瞭然なんです。

(『カエルの楽園』を読んだ方ならわかっていただけるでしょう?)

 

グリコ森永事件など昭和の未解決事件がたびたび登場して、ストーリーに現実味がプラスされます。

面白い理由②:人によって命の値段に違いがあるのか?

ホームレスに身代金の価値はあるのか?

人によって命の値段は変わるのか?

 

小説内で、人々の本音と建前が交錯します。

 

あ、そういえば某メンタリストさんも炎上しましたね・・・

面白い理由③:緊張感たっぷり!テンポよく展開されるストーリー

1つの場面が数ページごとに切り替わり、次々と展開していきます。

 

なんてテンポが良い小説なんだ!

おかげで読みやすく、先が気になるもんだから「もう1シーン読んだらやめよう」「あと1シーンだけ読もう」となって、結局エンドレス・・・(笑)

 

百田さんのせいで寝不足だ~~

『野良犬の値段』は軽めのエンタメ小説を読みたいときにぴったり

ネタバレになるので多くは語れませんが、

軽めのエンタメ小説を読みたいときにはおススメです。

 

人の命とか、不幸にも転落する人生について考えさせられますが、それ以外はハラハラしながら楽しくストーリーを追っていける小説です。

 

読後感はすっきりする内容です。 ←これ大事!一応ハッピーエンドで終了します。

 

気になる方にリンクを貼っておきます。

ありがとうございました。

 

 

30日間無料!200万冊以上が読み放題

Kindle Unlimitedを試す

お好きな端末で読書 ※いつでも途中解約OK

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆきねえ

こんにちは、ゆきねえです。50代です。これまで人生で頭を悩ませたこと、試行錯誤したことなどを綴りたいと思いブログを開設しました。 教育産業に携わって約25年なので、その方面の話題が多くなると思います。 よろしくお願いします。

-読書
-,

© 2022 ゆきねえブログ Powered by AFFINGER5