読書

【読書感想】『夜が明ける』本当に夜は明けるのだろうか?

 

2022年本屋大賞ノミネート!

西加奈子さんの『夜が明ける』を読みました。

 

『サラバ!』のような面白さを期待して読んだら・・・

重く苦しい内容でした。

この記事を読んでほしい方

●「貧困」問題に関心がある方

●「虐待」問題に関心がある方

●「過重労働」の現状に関心がある方

● 「ハラスメント」に関心がある方

● 「格差」の問題に関心がある方

 

現代社会が抱える問題がてんこ盛り!!

 

 

読んでいて苦しくなる。

けれどページをめくる手が止まらないのです。

 

Amazonで”聴く読書”をしてみませんか?
通勤・通学中やウォーキング中、家事をしながら、時間を有効活用できて便利!

今なら
・30日間無料
・12万冊以上が聴き放題
いつでも退会可能

Audibleを無料体験してみる

 

 

30日間無料!200万冊以上が読み放題

Kindle Unlimitedを試す

お好きな端末で読書 ※いつでも途中解約OK

 

『夜が明ける』のあらすじ

15歳の時、高校で「俺」は身長191センチのアキと出会った。 普通の家庭で育った「俺」と、母親にネグレクトされていた吃音のアキは、 共有できることなんて何一つないのに、互いにかけがえのない存在になっていった。

大学卒業後、「俺」はテレビ制作会社に就職し、アキは劇団に所属する。しかし、焦がれて飛び込んだ世界は理不尽に満ちていて、少しずつ、俺たちの心と身体は壊れていった……。

思春期から33歳になるまでの二人の友情と成長を描きながら、 人間の哀しさや弱さ、そして生きていくことの奇跡を描く、感動作!

(引用:新潮社「夜が明ける」特設サイト)

 

『夜が明ける』前編

俺とアキは高校の同級生。
前編「ふたりの出会い~社会に出るまで」の物語です。

 

映画好きだった俺は、アキがフィンランドの俳優”アキ・マケライネン”に似ていることに気づきます。
アキにそう伝えると、彼はアキ・マケライネンの出演作品「男たちの朝」を繰り返し見て、言動をそっくりまねるようになります。
”アキ・マケライネン”になりきっている間だけは、アキの吃音は治ります。

ふたりは友情を深めていきます。

 

俺は野望を持ってテレビ関係の仕事に就きます。
アキは劇団に入り、下積みののち、ついに役をもらいます。

将来への希望を感じさせる展開です。

 

『夜が明ける』後編

後編は、その後数年が経過した時期の物語です。

ふたりとも、社会に潰され、希望を失い、疲れ切っています。

読んでいて苦しく、哀しく、絶望感でいっぱいになる展開です。

 

※未読の方のためネタバレに注意します。

主に描かれているのは?

●貧困

●虐待

●過重労働

● ハラスメント

● リストカット

 

題名が『夜が明ける』なんだから、きっと2人の夜も明けるはず。。。。

そう願いながら読み続けました。

果たして夜は明けるのでしょうか?

実際に手にとって確かめてみませんか?

 

Amazonで”聴く読書”をしてみませんか?
通勤・通学中やウォーキング中、家事をしながら、時間を有効活用できて便利!

今なら
・30日間無料
・12万冊以上が聴き放題
いつでも退会可能

Audibleを無料体験してみる

 

30日間無料!200万冊以上が読み放題

Kindle Unlimitedを試す

お好きな端末で読書 ※いつでも途中解約OK

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆきねえ

こんにちは、ゆきねえです。50代です。これまで人生で頭を悩ませたこと、試行錯誤したことなどを綴りたいと思いブログを開設しました。 教育産業に携わって約25年なので、その方面の話題が多くなると思います。 よろしくお願いします。

-読書
-

© 2022 ゆきねえブログ Powered by AFFINGER5