読書

『重力ピエロ』伊坂幸太郎の名言5選

伊坂幸太郎さんの小説の魅力は、ストーリー展開から目が離せないだけでなく、登場人物のセリフが読者を魅了するのです。

 

今回は名言のみに注目。

映画化された代表作『重力ピエロ』より、独断で5選をご紹介させていただきます。

 

Amazonで”聴く読書”をしてみませんか?
通勤・通学中やウォーキング中、家事をしながら、時間を有効活用できて便利!

今なら
・30日間無料
・12万冊以上が聴き放題
いつでも退会可能

Audibleを無料体験してみる

 

【名言1】本当に深刻なことは、陽気に伝えるべきなんだよ。

「本当に深刻なことは、陽気に伝えるべきなんだよ。(中略)重いものを背負いながら、タップを踏むように」

それは詩のようにも聞こえ、「ピエロが空中ブランコから飛ぶ時、みんな重力のことを忘れているんだ」

(出典:重力ピエロ(伊坂幸太郎著))

 

あなたは本当に苦しいことやつらいことを他人に話せますか?

 

私は苦手です。
というか、話せません。

本当につらいことを人に話せるほど強くないんだと思います。

 

だからこの言葉がすごく心に刺さりました。

 

【名言2】人生というのは川みたいなものだから、何をやってようと流されていくんだ

人生というのは川みたいなものだから、何をやってようとながされていくんだ

(中略)

安定とか不安定なんていうのは、大きな川の流れの中では些細なことなんだ。向かっていく方向に大差がないのなら、好きにすればいい

(出典:重力ピエロ(伊坂幸太郎著))

【名言3】楽しそうに生きていれば地球の重力なんてなくなる

「ふわりふわりと飛ぶピエロに、重力なんて関係ないんだから」

「そうとも、重力は消えるんだ」父の声が重なってくる。

「どうやって?」私が訊ねる。

「楽しそうに生きていれば、地球の重力なんてなくなる」

「その通り。わたしやあなたは、そのうち宙に浮かぶ」

(出典:重力ピエロ(伊坂幸太郎著))

 

【名言4】まっすぐに行こうと思えば思うほど、道を逸れるものだからね。生きていくのと一緒だよ。

まっすぐに行こうと思えば思うほど、道を逸れるものだからね。生きていくのと一緒だよ。

まっすぐに生きていこうと思えば、どこかで折れてしまう。

かと言って、曲がれ曲がれ、と思っていると本当に曲がる

(出典:重力ピエロ(伊坂幸太郎著))

 

【名言5】人には、外見を変えたくらいじゃ、びくともしない、根っこみたいなものがある

手術で外見がすっかり変わってしまった登場人物。

みんなが同一人物だとわからないのに、唯一それを主人公の弟が見抜きます。

「人には」彼女はそうつづけた。「人には、外見を買えたくらいじゃ、びくともしない、根っこみたいなものがあるのかもしれませんね。

背骨みたいに。

春さんはきっと、その根っこが見えるんですよ。だから、わたしのことも見分けられた」

「もしかすると」私は、彼女の言葉にうなづきつつ、ふと思った。「春は、そういう根っこしか見えないのかもしれない」

「根っこしか?」

「外見に騙されないんじゃなくて、外見が見えないのかもしれない」だから弟は、どんな女性に対しても首尾一貫して、冷淡な態度を取るのではないか、と思ったのだ。

(出典:重力ピエロ(伊坂幸太郎著))

 

 

この記事では名言のみに注目させていただきましたが、一気読みしたくなるストーリーの小説です。

 

重い内容なのに、読者を深刻にさせないテクニックには脱帽!!

最後は涙かも?

 

 

映画化に納得です。

(出演)
加瀬亮
岡田将生
小日向文世
鈴木京香

映画「重力ピエロ」を今すぐ無料でみるにはコチラ

 

 

興味をもたれた方にリンクを貼っておきます。

⇩文庫本はコチラ

 

⇩単行本はコチラ

 

ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆきねえ

こんにちは、ゆきねえです。50代です。これまで人生で頭を悩ませたこと、試行錯誤したことなどを綴りたいと思いブログを開設しました。 教育産業に携わって約25年なので、その方面の話題が多くなると思います。 よろしくお願いします。

-読書
-,

© 2022 ゆきねえブログ Powered by AFFINGER5