英語

【レビュー】スマホ相手に英会話の自主トレ!トーキングマラソンの効果は?

アルクのトーキングマラソンってどう?

 

英語がうまくなりたい!

目標に向かって日ごろから数々のサービスを利用している私が、この疑問を解決します!

 

この記事を読んでほしい方

● 人前で英語を話すのは気後れしてしまう方

● 英会話教室以外でもっと気軽に英会話の勉強をしたい方

● 事前にレッスンの予約をとるのがむずかしい多忙な方

● とっさに英語のフレーズが出てこない方

● これまでの勉強法では成長の実感がもてない方

 

 

トーキングマラソンスマホに話しかけて英会話を学ぶアプリです。

あのアルクがやっているので信頼性はお墨付きですね!

 

\まずトーキングマラソンの詳細を見る/

トーキングマラソン公式サイトはコチラ

 

トーキングマラソンの概要

概要

●レベル 英語初級〜

●学習時間 1日5分〜

●動作環境 iOS、Android

●価格 月額 3,980円(税込4,378円)
本登録完了後 2週間の無料お試し期間アリ

●教材は 毎日 AM5:00/PM5:00に3スキットずつ自動更新

アルクのあの「キクタン英会話」をベースとしているから信頼性バツグン

 

トーキングマラソンを実際にやってみた感想

スマホ相手なので恥ずかしくない

私にとって英会話学習の最大の障壁は「恥ずかしさ」でした。

 

✅間違えたら恥ずかしい

✅発音が悪いから恥ずかしい

✅簡単なことも言えなくて恥ずかしい

 

トーキングマラソンでこの壁はなんなくクリア!!

 

1日5分のトレーニングなので毎日続けるのが苦ではない

英会話学習。

はじめは頑張れても、だんだん続けるのが億劫になりがち。

 

私自身、何度も三日坊主になってしまった経験があります・・・

 

でもトーキングマラソンは1日5分の短時間でOK。

(5分という時間は、脳が負担に感じない長さなんですって!)

 

英語学習者にやさしいコンテンツなんですね。
ムリなく続けられそう♪

 

瞬発的に英語がでてくるようトレーニングできる

実際に英会話していると、私の番でパッと英語が出てこないせいで、ハイ!会話終了!!

これまで何度も悔しい思いをしました。

 

トーキングマラソンは、とにかく「話す」に重点を置いた英会話トレーニング。

 

会話の流れのなかで、

✅6秒以内に英語での返答文を考えて話す「クイックレスポンス」トレーニング

✅重要なフレーズを繰り返し話す「パターンプラクティス」

 

この2つをセットで行うことで、徹底した反復練習ができます。

 

日々の学習時間が一目で確認できる

アプリを起動すると表示されるトップ画面で、自分がこれまでどのくらいの時間発話したのか、グラフとして確認ができます。

毎日少しずつでも学習を積み重ねていることを実感できるからモチベーションが高まります。

 

私、頑張ってるね!って自分をホメる素敵な時間になっています。

 

トーキングマラソンはいつやったらいい?

スキマ時間の見つけ方

思いつくまま、いくつかアイデアを出してみましょう。

朝起きてふとんの中で

目覚まし時計の代わりのスマートフォンのアラームを止めて、そのままトーキングマラソンのアプリを開くのはどうでしょう?

 

帰宅後すぐ

仕事や授業が終わった後、帰宅するとついゴロゴロとしたくなってしまいがち。

でも5分間なら取り組めそうではないですか?

 

プシュっと缶ビールを開けて、ついでにアプリも開いて。

私だったらコレだな!

 

夜寝る前

夕食をとってお風呂に入ったらあとは寝るだけ?

 

そんなのもったいない!
一番リラックスできる時間にアプリを開けば、充実の一日が終われそうです。

 

トーキングマラソンの効果は?

トーキングマラソンは24時間好きなときに、自分1人でスマートフォン相手にトレーニングができます。

 

週5回、30分ずつのトレーニングを続けると?

1カ月に約75,000語もの英語を話すことができます。

 

週に1回平均的な英会話スクールへ通った場合の約20倍だとか!

 

スマホ相手なので気楽ですよ~。
あなたも試してみませんか?

 

\トーキングマラソンの詳細を見る/

トーキングマラソン公式サイトはコチラ

 

 

今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆきねえ

こんにちは、ゆきねえです。50代です。これまで人生で頭を悩ませたこと、試行錯誤したことなどを綴りたいと思いブログを開設しました。 教育産業に携わって約25年なので、その方面の話題が多くなると思います。 よろしくお願いします。

-英語
-,

© 2022 ゆきねえブログ Powered by AFFINGER5