子育て

【子育ての悩み】子育て上手な親に共通することは?【子どものしつけに悩むとき】

子どものしつけがうまくいかない。
どうしたらお行儀よく育つのかな?

この悩みを解決します。

ではさっそくいきましょう。

子どもはマネの天才

子どもにとって最も影響力がある人は「親」です。

 

話し方や歩き方、礼儀やマナーなど
あらゆることを親から学び、社会性を身につけていきます。

 

ちょっとした仕草までそっくりな親子、いますよね。

 

ただ困ったことが・・・。
良いことだけをマネてくれればよいのですが、良くないところもマネするんですよね~。

 

親の責任重大!?

子育て上手な親とは?

子どものしつけがうまくいっている親に共通することは?

具体的に述べていきたいと思います。

言葉づかいがよい

親がどんなときにどういう言葉を使うのか、子どもはよく聞いています。

汚い言葉を使わないのは当然!

 

ネガティブな言葉も気をつけなければなりません。

「でも」「だって」「どうせ」で会話を始めていませんか?

「どうしてできないの?」「ぜったいダメだよ。」などもさけたいです。

お子さんの口癖になり、お友達に言うようになったら困りますね。

他人をリスペクトできる

近所の人、お店の人、または見ず知らずの人に対して親がどのように接するかも、子どもたちは見ています。

 

☑道で会ったら挨拶をしているか?わざと気がつかないふりはしていないか?

☑お店の人に、上から目線の話し方をしていないか?

☑相手によって接し方を変えていないか?

 

家族や親せきの悪口も、子どもには聞かせたくありません。
※どうしても言わなきゃ自分がもたないときは子どもが寝てから?

さだまさしの関白宣言を思い出しました。
現役子育て世代には古いかな(笑)
♬たやすいはずさ、愛すればいい♬

時間の管理がうまい

いつもバタバタと時間に追われてはいませんか?

約束や待ち合わせには余裕をもってでかけていますか?

 

授業に遅れてくる人はいつも同じ。子どもはトイレにも行けず、ご挨拶もそこそこで、慌てて着席して授業を受けるんじゃ、実力もつきません・・・

 

時間にルーズな親を見て育つと、将来子どももルーズになるのでしょうね。
人間関係にも影響がでてしまいそうです。

 

健康に気をくばる

眠そうにしている子(年長児)に「昨日遅くまで起きていたの?」と尋ねたところ、その返答にビックリ!
「パパとママがテレビで映画みていて、いっしょに起きていたから寝たの1時なの。」

えっ?

 

子どもがすくすく育つためには「よく寝てよく食べる」が基本だと私は思っています。

睡眠と食事には気を配りたいですね。

 

「健全なる精神は健全なる身体に宿る」といわれていますね。

感情をコントロールできる

子どもがちっともいうことを聞かないと、親だってイライラします。

子どもが泣きやまないと、親だって泣きたくなります。

 

でもぐっと我慢。

感情にまかせて怒鳴ったり、大きな声を出すのはやめましょう。(難しいんですけれどね。)

 

言いすぎちゃったときは子どもに謝るのが大切。子どもにお手本を示す機会にもなります。

親も子どもから学んで成長する

一言でいえば「謙虚であれ」ということ。

 

親だから生きてきた時間は長いです。

一方で、子育てをしてきた時間は、お子さんが生きてきた時間と同じなんですよね。

 

子どもといっしょに成長していこうという意識をもちながら生活していきたいです。

 

生涯にわたって素敵なな親子関係になれますように。

最後までお読みくださりありがとうございました。

参考書籍はコチラです。
↓ ↓

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆきねえ

こんにちは、ゆきねえです。50代です。これまで人生で頭を悩ませたこと、試行錯誤したことなどを綴りたいと思いブログを開設しました。 教育産業に携わって約25年なので、その方面の話題が多くなると思います。 よろしくお願いします。

-子育て
-,

© 2022 ゆきねえブログ Powered by AFFINGER5