読書

益田ミリ『今日の人生』【ささやかな毎日に幸せを見つける】

毎日同じことの繰り返しで疲れちゃったな~~

 

そんなときに読んでほしいコミックエッセイーをご紹介します。

 

益田ミリさん「今日の人生」

 

その魅力をたっぷりお伝えしたいと思います。

さっそくいきましょう!

Amazonで”聴く読書”をしてみませんか?
通勤・通学中やウォーキング中、家事をしながら、時間を有効活用できて便利!

今なら
・30日間無料
・12万冊以上が聴き放題
いつでも退会可能

Audibleを無料体験してみる

益田ミリ「今日の人生」ってどんな内容?

 

日常生活が大切に思えてくる

仕事でもプライベートでも、日常生活は同じことの繰り返しが多いですよね。

変わり映えしない毎日に飽きがきて、モチベーションを保つのがむずかしいときもあるでしょう。

でも見方を変えてみると、日々のルーティンにもわずかな変化があり、
全く同じ出来事は存在しないんですよね。

 

この本を読むと、何気ない毎日が大切に思えてきます。

 

「今日の人生」
その積み重ねが今の私を作っているんだ!

 

考え方をちょっと変えるだけで、普通なことが愛おしく思えてきます。

コミックなので読みやすい

「今日の人生」はコミックエッセーです。

優しいタッチの絵で、ほっこりした気分にしてくれます。

 

個人的には、疲れた日の夜に読むのが好きです。

今日も頑張った自分をねぎらい、穏やかな気持ちで眠りにつけます。

 

ちなみにこの本は「出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと」で紹介されています。

益田ミリ「今日の人生」の感動エッセーをご紹介

「今日の人生」に書かれているエッセーには、人生について考えさせられるもの、大笑いしてしまうもの、強く共感するもの、しんみりするもの・・・などがあります。

 

まずはじめに「人生について考えさせられるもの」をご紹介したいと思います。

 

 

★レンタルビデオ屋の店頭に大きなベイマックスの人形を見た筆者はこう綴ります。(長文ですがおつきあいくださるとうれしいです。)

もしもわたしが映画『ベイマックス』を観ていなければ、

あれはただ、レンタルビデオ屋に飾られているバルーン人形なのです。

けれど、わたしは、ベイマックスを知っていて

彼が人を傷つけることを禁じられた優しいロボットであることも知っていたのです。

知っていることがわたし自身の助けになった

そういうものが、数多くあればあるほど

それらが支えとなり

倒れずに済んでいるということもあるのだと思ったのでした。

そういえば以前、

かなりのダメージを受けた出来事があって、

実をいうと、それが何なのかは、今となっては思い出せないのですが、

そのときは、ふと耳にした星野源さんの曲に助けられたのです。

その曲の歌詞の中に、みんなが好きなものが好きでもいい、というようなフレーズがあって、

それが、そのときのわたしをちょっと元気づけてくれたのでした。

自分の個性の弱さも

個性のひとつなのかもしれない、と

映画や、音楽や芝居や

そして、本を読むことは

自分の世界に「手すり」をつけている

そういうことなのかもしれません。

(出典:今日の人生(益田ミリ))

 

私も年齢を重ねてきて「手すり」があちこちにできたかな。。。

手すりになる物にこれからもいっぱい出会いたくなりました。

 

個人の幸せ

他の人にはわからない

その人が、どういうふうに幸せなのかは、

その人にしかわからない

であるからして、

自分と違うというだけで

誰かの幸せを小さく見るのは

ちょっと違うんじゃないかと思った今日の人生

(出典:今日の人生(益田ミリ))

なんでも自分の価値観で判断してしまうけれど、それって傲慢なのかも。

もっと謙虚になろうと思いました。

 

今日生まれた赤ん坊の

その小さな口から

吐き出される息も、

今日死んでいった人が

吐き出さなくなった息も、

すべて反響している。

いてもいなくても同じだなんて

世界が許してくれない。

(出典:今日の人生(益田ミリ))

これを読んで涙があふれました。。。悲しくて。

 

はじめて

電車の中で盲導犬を見ました

足下で小さく伏せている姿を見ていると

わたしはこれほどまでに

誰かの役に立ったことはあるのだろうかと

思った今日の人生

(出典:今日の人生(益田ミリ))

ミリさん、役に立ってますよ!
私はあなたにたくさん救いと癒しをもらいました。

 

同時に自己中心な日ごろの自分を反省しました。

 

 

★映画館で映画のプログラムを買ったとき「当館ではこれが最後の一冊です!」と言われた筆者はこう綴ります。

映画館を出て歩きながら思ったんです

あのレジの女性は、ただ最後のプログラムを売ることもできたのです

けれど、こう付け足すことで

わたしがいい気分になるといいな、と思ってくれたのです

彼女にとって、特別にメリットがあるわけでもないのですが、

そういうふうに仕事をしている人なのです

それは、

そういうふうに生きている、

ということなのです

(出典:今日の人生(益田ミリ))

自分の中に、ちゃんと他人を感じながら生活しようと私は誓ったのでした。

益田ミリ「今日の人生」の楽しいエッセーをご紹介

「今日の人生」には楽しいエッセーもいっぱい。

私のいちばんのお気に入りはこちら。

 

スタバの隣の席の女の子たちの会話

西島さんと向井くん結婚して、日本のイケメンがいなくなった!

とのことです

(出典:今日の人生(益田ミリ))

妻夫木さんも加えて~~!(笑)
松坂桃李さんも!?

「今日の人生2」が発刊

2020年10月「今日の人生2 世界がどんなに変わっても」が発刊されました。

読むのが楽しみです♪

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

30日間無料!200万冊以上が読み放題

Kindle Unlimitedを試す

お好きな端末で読書 ※いつでも途中解約OK

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆきねえ

こんにちは、ゆきねえです。50代です。これまで人生で頭を悩ませたこと、試行錯誤したことなどを綴りたいと思いブログを開設しました。 教育産業に携わって約25年なので、その方面の話題が多くなると思います。 よろしくお願いします。

-読書
-

© 2022 ゆきねえブログ Powered by AFFINGER5