読書

犬を愛する人に読んでほしい!直木賞『少年と犬』は感動とせつなさと涙であふれている!【あらすじ】

 

人という愚かな種のために、神様だか仏様だかが遣わしてくれた生き物なのだ。

人の心を理解し、人に寄り添ってくれる。こんな動物は他にはいない。

(出典:老人と犬(馳星周著))

たった2行だけれど、筆者の、犬への愛があふれている文章だと思いませんか?

 

犬が好きな人もそうでもない人も、きっと感動する小説です。

『少年と犬』馳星周

 

※以下、未読の方はネタバレにご注意ください。

 

Amazonで”聴く読書”をしてみませんか?
通勤・通学中やウォーキング中、家事をしながら、時間を有効活用できて便利!

今なら
・30日間無料
・12万冊以上が聴き放題
いつでも退会可能

Audibleを無料体験してみる

30日間無料!200万冊以上が読み放題

Kindle Unlimitedを試す

お好きな端末で読書 ※いつでも途中解約OK

『少年と犬』のあらすじ

まず出版社の作品紹介です。

傷つき、悩み、惑う人びとに寄り添っていたのは、一匹の犬だった――。

2011年秋、仙台。震災で職を失った和正は、認知症の母とその母を介護する姉の生活を支えようと、犯罪まがいの仕事をしていた。

ある日和正は、コンビニで、ガリガリに痩せた野良犬を拾う。
多聞という名らしいその犬は賢く、和正はすぐに魅了された。

その直後、和正はさらにギャラのいい窃盗団の運転手役の仕事を依頼され、金のために引き受けることに。
そして多聞を同行させると仕事はうまくいき、多聞は和正の「守り神」になった。

だが、多聞はいつもなぜか南の方角に顔を向けていた。
多聞は何を求め、どこに行こうとしているのか……

(出典:文藝春秋BOOKS 本の話 少年と犬)

これだけで読みたい気持ちが高まりますね。

 

『少年と犬』は6つの連続短編でできています。

次はそれぞれの簡単なあらすじです。

男と犬

東日本大震災から半年が経った仙台。
震災で職を失い、家族のために犯罪に手を貸す男がコンビ二の駐車場で犬を拾う。

犬の首輪のタグには「多聞」と書かれていた。

泥棒と犬

仲間割れを起こした窃盗団の外国人の男が、「多聞」を連れ、仙台から新潟へと逃走する。

男の故国に船で帰るために。

夫婦と犬

富山市に暮らす、結婚十数年めの壊れかけた夫婦。

山の中で保護した犬を、夫婦は別々の名で呼んでいた。
首輪に書き込まれていた名は汚れて読み取れなくなっていたのだ。

娼婦と犬

滋賀県大津市

体を売ってはクズ男に貢ぐ女が、瀕死の状態で倒れていた犬を助け、動物病院へ駆け込む。

助けた犬はやがて女の癒しとなる。

老人と犬

島根県の山中、末期がんの老猟師の前に痩せた犬が現れる。

賢いその犬は、まるで老人の死を看取るためやって来たようだった。

少年と犬

釜石から熊本に移り住んだ一家。

幼い少年は震災のショックで心を閉ざし、言葉を失ったたままだった。

家族が保護した犬を見ると微笑み、また犬も勢いよく尻尾を揺らす。

 

最後の「少年と犬」でやっと、多門の素性と旅の目的が明かされることになります。

「多門」は約5年間をかけて仙台から熊本に移動したのでした。

 

犬は愚かな人間に神様が遣わした贈り物

各話で登場する”飼い主”は孤独な人ばかり。

しかも何らかの鬱屈を抱えて生きています。

 

この犬は、彼らの心を癒し、救い、励まし、生きる希望をあたえ、そして別れます。

精一杯の力で、一時期の”飼い主”になった彼らと心を通わしながら、最終目的にむかって進みます。

 

犬は物を言わないけれど、人と意思を通わせる力は人間以上だ。

 

最後は感動の涙・・なので、電車内や職場で読むことはおススメしません!

 

 

 

犬が主人公のおススメ感動映画

私が大好きな犬が主人公の感動映画です。

ストーリー的には似ているような、似ていないような・・・。

 

このストーリーのような話は実際にあると私は信じています!

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

30日間無料!200万冊以上が読み放題

Kindle Unlimitedを試す

お好きな端末で読書 ※いつでも途中解約OK

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆきねえ

こんにちは、ゆきねえです。50代です。これまで人生で頭を悩ませたこと、試行錯誤したことなどを綴りたいと思いブログを開設しました。 教育産業に携わって約25年なので、その方面の話題が多くなると思います。 よろしくお願いします。

-読書
-,

© 2022 ゆきねえブログ Powered by AFFINGER5