小学校受験

2022年度(2021年実施)小学校受験の傾向は?【ナマの情報を現役講師が語る】

2022年度小学校受験の総括です。

 

主な特徴は3つです。

 

✅この記事の信頼性

教育業界に携わって約25年

現在も小学校受験専門塾で教壇に立つ現役講師

毎年多くの生徒が志望校に合格
※2021年秋の入試で私の生徒の第一志望合格率は75%でした。過去最高を更新。

 

  さっそくスタート!

 

2022年度小学校受験の傾向

おもな傾向は3つ。

順番に述べていきます。

 

2022年度の傾向①:倍率アップ

多くの学校で倍率がアップしました。

考えられる理由は2つあります。

 

倍率がアップした理由 その1

人口が多い年齢だから

以下のデータは令和元年のものです。

今年の受験者はこのとき3歳

(単位:1000人)

(引用:総務省統計局hp 人口推計の結果の概要)

このデータによれば男子>女子。男の子の人数が多い!
とくに男子の倍率が高かった説明がつきます。

 

倍率がアップした理由 その2

考査日程・考査時間が短くなった学校が多く、併願しやすくなったから

コロナの影響で2日間の考査が1日になったり、考査時間を短縮した学校がめだちました。

受験生にとっては併願しやすくなり、その結果倍率がアップしました。

2022年度の傾向②:行動観察の変化

✅コミュニケーション能力をみたい。

✅しかしコロナ渦で密は避けねばならない。

 

学校側の葛藤が垣間見えました。

 

しかたなく行動観察をやめて指示行動にした学校が多かったです。

 

2022年度の傾向③:オンラインを駆使

オンラインでの説明会や出願はすっかり定着しました。

 

面接をオンラインで行った学校が増えました。
コロナの状況によっては来年さらに増えるのかもしれません。

 

合格するために必要なことは?

来年度以降に受験される方へ

・子どもに必要とされる力は?

・どんな親が合格するのか?

それぞれ1点ずつお話ししようと思います。

 

子どもに必要なものは?

ずばり「複数の指示を瞬時に正しく理解する力」だと思います。

 

ペーパーはもちろん、巧緻や運動でも同様です。

 

具体例

図形構成(パズル)

「パズルを完成させられるか、どうか?」だけでは不十分

・パズルを完成させたうえで、使う形を答えるのか?使わない形を答えるのか?

・いくつパズルを使って完成させるか、数の指示はあったか?なかったか?

・答えのマークは?〇?✖?
は?

・答えはどこに書くのか?図形の上に直接書くのか?それとも解答欄が別に設定されているのか?

 

瞬時にこんなにたくさん聞き取って理解しないとダメなのです。

 

親に必要なものは?

「学校の教育方針・教育理念を深く理解し賛同しているか?」

結局はこれに尽きるのではと私は思います。

 

願書や面接でアピールしたいですね。

 

ただし注意!

※自分自身の言葉でです。←ここが重要。

 

学校案内などの文言をそのまま引用するのはダメ。
自分なりにかみ砕いて、自身の解釈をオリジナルの表現でお伝えしましょう。

小学校受験の最高峰「こぐま会」教材はコチラ

ぜひこちらも参考になさってください。

【小学校受験】失敗しない願書の書き方【やってしまいがちな3つのNG例とは?】

続きを見る

【プロ講師が暴露】小学校受験の両親面接【合格につながる6つのことは?】

続きを見る

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆきねえ

こんにちは、ゆきねえです。50代です。これまで人生で頭を悩ませたこと、試行錯誤したことなどを綴りたいと思いブログを開設しました。 教育産業に携わって約25年なので、その方面の話題が多くなると思います。 よろしくお願いします。

-小学校受験
-

© 2022 ゆきねえブログ Powered by AFFINGER5